2010年05月27日

原口総務相「宝くじやめさせない」と改革約束(読売新聞)

 原口総務相は25日午前の閣議後の記者会見で、政府の行政刷新会議から総務省所管の宝くじ関連公益法人への天下りなどが改善されない限り、宝くじの販売を認めないよう求められたことを受け、早急に改善案をまとめる考えを示した。

 宝くじの発行認可権を持つ原口氏は「国民も大変楽しみにしているし、地方自治体にとっても大変な財源だ。宝くじをやめるなんてことにならないよう全力を挙げて改革に取り組む」と強調した。具体的には、法人の天下り官僚への高額給与や収益金の複雑な交付形態の見直しを挙げた。

「国民の積極姿勢、変わらない」=裁判員の名付け親講演―制度1年(時事通信)
郵便不正、供述調書の証拠採用却下 大阪地裁(産経新聞)
<鳩山首相>ぶら下がり取材 オープン化の考え表明(毎日新聞)
<事業仕分け>判定結果が法人存続に直結 第2弾 (毎日新聞)
テレビはないがワンセグあり 実は受信料払う必要がある(J-CASTニュース)
posted by タケイ マサユキ at 19:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。